配送ドライバーの仕事の特色を解説!

トラックで営業所の周辺にある個人の顧客を回ることが多い

配送ドライバーの仕事の特色として、長距離や中距離のトラックドライバーとは大きく異なり、営業所の周辺にある個人の顧客のもとを回ることが多く、人と接することが好きな人や、コミュニケーションスキルが高い人が向いています。また、日中の時間の勤務が中心となり、時期や曜日によりますが残業が比較的少ないため、初めて運転の仕事をする人やプライベートの時間を大切にしたい人から注目が集まっています。最近では、大手の配送業者を中心に、子育て中のドライバーも無理なく働けるよう、時短勤務を認めているところや、土日祝日に休みが取れるところも多く見られます。そのため、一つの職場でドライバーのキャリアを積みたい人は、仕事と家庭生活の両立を図りやすいところを就職先に選ぶのがおすすめです。

軽トラックを使用する業者も多く普通免許があればすぐに働ける

配送ドライバーが仕事で使う車の種類は勤務先によりますが、軽トラックを主に採用している業者も多く、普通免許があれば未経験でもすぐに採用してもらえるケースが珍しくありません。また、人手不足が深刻な都市部の配送業者を中心に、正社員だけでなくパートやアルバイトの求人を募集する業者も増えており、定年後に時間がある人や運転が得意な人にとって好ましい状況となっています。ドライバーの教育がしっかりと行われている業者では、先輩のドライバーが新人の個別指導を行ったり、一か月程度ルートを教え込んだりしているところもあります。そこで、配送ドライバーの仕事に興味があれば、未経験者が活躍している配送業者に目を向けると良いでしょう。

運転手の求人は、企業の会長や社長の専属のドライバーの他、大型トラック、セールスドライバーなど色々な種類があります。