面接の電話のかけ方

電話をかける際に気をつけるポイント

ドライバーの求人応募では、面接のアポイントメントを取るために、求人募集をしている会社に電話で連絡する必要があります。連絡先は求人募集の募集要項に記載されています。電話をかける際には、必ず自分が何者で、どのような用事で電話したのかを、最初に説明するようにしましょう。「私は○○です。求人募集を見て連絡しました。」と名前とともに手短に要件を伝えます。その後は、採用担当者に電話をつないでもらいましょう。なお、担当者が不在の場合は、求人募集の対応ができる人に連絡をとってもらうようにしてください。もし、担当者以外では対応できない場合には、電話をかけるのに最適な時間を聞いてから、再度連絡する旨を伝えるとよいでしょう。

求人募集で電話をかける際の電話の切り方

電話を切る際には「ありがとうございました」「よろしくお願いします」など、簡単に一言添えるとよいでしょう。また、電話を切る際は自分から電話を切ります。基本的に電話はかけた方が電話を切るのがマナーだからです。相手に気遣いをしすぎて、電話を自分から切らない人がいますが、それでは相手も電話を切れません。ただし、こちら側から一方的に要件を伝えて電話を切ってしまうようなことは避けましょう。もし、電話が会話の途中で切れてしまったときには、自分からかけ直します。なぜ再度電話をしたのかの理由を説明するとともに、電話が切れてしまったことを謝罪します。なお、留守番電話につながった場合は「名前」「要件」「改めて連絡する旨」をメッセージに残してください。

運送業はドライバーだけで成り立っているわけではありません。運送業の求人には、ドライバーの他にもドライバー補助、荷物の仕分け、事務といったものがあります。