送迎ドライバーの仕事の特色をご紹介!

固定客の送り迎えをする

車が好きな方にとっては、車を運転することが仕事となるドライバー求人が気になるところですよね。トラックドライバーやバス、タクシーの運転手などドライバー求人には様々種類があり、中には送迎ドライバーという職業も存在します。送迎ドライバーは字のごとく、人の送迎を担う運転手のことを言いますが、客が不特定多数のバスやタクシーとは違って送迎ドライバーは固定客を相手にすることとなります。

また、基本的には日勤が業務体系ですので夜勤は無く、普通免許があれば就くことができる仕事です。ですが、夜の仕事に従事している方達の送迎は勿論深夜となりますので、実際に働く時間帯やガソリン代が支払われるかどうかの有無、自分の車を使用して仕事をするのか、確認をしておきましょう。

運転技術に自信のある方に向いている

なお、送迎ドライバーには他にも役員車運転手や介護施設などの利用者を送迎するドライバー求人があります。役員車運転手は、役員の送迎を行いますが役員の仕事中はその場で待機をし、車内での会話などを外に漏らさないなどの運転手としての礼節が求められます。また、運転技術のある経験豊富な50代以降の方が採用されやすいので、若い方にはあまり向いていないかもしれません。

介護施設や医療施設の利用者を送迎するドライバーの仕事は、自宅から施設への移動や通院の際の送迎となり、人によっては乗降時の介助が必要なこともあります。そのため体力が求められ、持病を持っている方もいますので急ブレーキや急発進などの運転ではなく、丁寧な運転技術が必要となります。ですが、どれも利用者には感謝をされる仕事です。気になる方は一度、送迎ドライバーの求人に応募してみてはいかがでしょうか。

運転手の募集は、業種や事業規模に関係なく多くの企業が行っており、運転歴の長い人や様々な車両の運転技術に長けた人が重宝されています。