面接時の服装や心構え

面接時の服装は基本スーツ

ドライバーの求人に応募した場合は、書類審査や面接試験などの採用試験に移っていきます。ドライバーの採用試験では面接試験が重要ですが、まず好感がもたれる服装で面接試験に挑むようにしましょう。正社員の場合は、基本スーツなのでスーツの準備をします。既に持っている場合は、シワや汚れなどがついていないのかチェックして綺麗な状態にしておきます。もし、持っていなければ新しいスーツを購入してスーツで面接に挑めるようにしておきましょう。 また、アルバイトの場合もできればスーツで挑みます。もしスーツで行くのが難しいのであれば、黒系のシンプルな服装で面接に行きます。目立つ服装や非常識な服装だとそれだけで不採用になる可能性が高いです。

面接の受け答えに注意する

ドライバーの面接では、他の職業と同じように面接官からいくつか質問されます。主に、志望動機やなぜドライバーとして働きたいのかなど聞かれる事が多いので、質問の受け答えで戸惑わないように準備しておきます。質問されそうな事に関しては、面接に行くまでにある程度答える内容を決めておくとスムーズに答えられるでしょう。また、ドライバーは人と接する事も多いので、敬語で明るい雰囲気を持って話せるのかも重要です。この部分を面接官も見ているので、敬語と雰囲気を意識して面接官と対話していきます。 さらに、ドライバー業務は取引先とコミュニケーションを取る場面もあるのでコミュニケーションが苦手と面接官に評価されると不採用に近づきます。運転技術だけでなくてコミュニケーション能力も向上しておきましょう。

ドライバーの派遣は、物流会社や運送会社のみならず、役員運転手として一般企業の間でも求められています。